設置の費用

注目されているソーラーパネルを利用した太陽光発電の不動産投資は、20年の間、電気を売ることによって得られる利益が国と電力会社によって保証されているため、安定した収益を得ることができることから、人気となっている投資のひとつです。

マンション経営などで問題となってくる、空き室リスクがないことや、使い道がなかった土地が有効活用されることや、おおよそ10パーセント程度の高利回りなのも魅力的なポイントです。低金利のローンを組みやすいのも特徴のひとつです。フルローンが可能なところです。国が推し進める事業で収入が確約されているため、ローンの審査がほとんど通りやすく、金利も非常に安いこともメリットのひとつとして挙げられます。

太陽光発電には、専門の業者が多くあり、会社によっても違いますが、投資金額はおおよそ2000万円程度と考えられます。投資額のおおまかな内訳は、まずはパネルを設置する土地そのものの代金、造成をするための費用、ソーラーパネルの設備費用、そして設置工事の費用、そして、電力会社に接続するための負担金、そして、保険金などが挙げられます。この金額土地の広さ、発電量によっても変化してきます。おおよそ、約200万円程度の自己資金が必要とされます。

太陽光発電のメリット

ソーラーパネルを利用した太陽光発電の不動産投資を行うことには、メリットがいくつかあります。まずは、20年間電気の買い取り金額が変わることがないため、20年の間は、入ってくる金額が明確に把握することができる、ということです。ローンを組む場合、返済のための収支計画が大変立てやすく、収入が安定しているため、返済が滞ることはないと考えられます。

また、日当たりが良い場所を確保できれば、全国どこの場所でもソーラーパネルを設置できるというのもメリットのひとつです。産業用の太陽光発電を行う場合には、おおよそ50平方メートルは確保する必要があります。広ければ広いほど、その分発電できる量が多くなりますので、その分利益が多くなります。

最近話題となっている放棄されていた元の農地を非常にお得な価格で購入したり、所有をしている空き地や、倉庫などの屋上に産業用のソーラーパネルを設置するなど、さまざまな場所での発電が可能となります。ただ、建物の影などになってしまい、一日中日が当たらなかったり、土地にソーラーパネルをしっかりと支えられない場所は設置できません。また、北向きの場合は、設置しても発電が十分にできないこともありますので、専門の業者に相談をしましょう。

不動産投資とは

日銀が打ち出したゼロ金利政策などの影響でもあり、銀行に定期預金として預けるだけではほとんど利子が付かないという状態になっています。少しでも増やしたいと考え、資金を不動産に投資し、運用を行うという方も増えてきています。土地や住宅、ビルなどの不動産を利益を得る目的で購入することを、不動産投資と呼びます。不動産投資には、アパートやマンションなどを貸すことによって家賃などの収入を得る方法と、土地や建物を購入した金額より高く売却することで利益を得る方法の2種類が良く知られています。さらにこれからの新しい不動産投資のかたちとして、ソーラーパネルを利用した太陽光発電が注目されています。

自宅などに太陽光発電パネルを設置することで自家発電を行い、余剰分を電力会社に売電することができる、ということは、以前から知られていましたが、震災によって行った節電指向や、火力や原子力、水力発電などの大規模方法以外の、自然の力を利用した発電がクローズアップされるようになってきたのです。

そして、2012年に国によって、固定価格買取り制度が誕生したことも、ニュースなどで繰り返し報道されたことで、記憶に新しいかと思います。電力会社に、自然エネルギーによって発電された電気を一定の金額で買い取るように義務付けられました。電力の買い取り金額は20年もの期間固定されているため、利益を生み出すことができる新しい投資の方法として広まっています。