設置の費用

注目されているソーラーパネルを利用した太陽光発電の不動産投資は、20年の間、電気を売ることによって得られる利益が国と電力会社によって保証されているため、安定した収益を得ることができることから、人気となっている投資のひとつです。

マンション経営などで問題となってくる、空き室リスクがないことや、使い道がなかった土地が有効活用されることや、おおよそ10パーセント程度の高利回りなのも魅力的なポイントです。低金利のローンを組みやすいのも特徴のひとつです。フルローンが可能なところです。国が推し進める事業で収入が確約されているため、ローンの審査がほとんど通りやすく、金利も非常に安いこともメリットのひとつとして挙げられます。

太陽光発電には、専門の業者が多くあり、会社によっても違いますが、投資金額はおおよそ2000万円程度と考えられます。投資額のおおまかな内訳は、まずはパネルを設置する土地そのものの代金、造成をするための費用、ソーラーパネルの設備費用、そして設置工事の費用、そして、電力会社に接続するための負担金、そして、保険金などが挙げられます。この金額土地の広さ、発電量によっても変化してきます。おおよそ、約200万円程度の自己資金が必要とされます。