太陽光発電のメリット

ソーラーパネルを利用した太陽光発電の不動産投資を行うことには、メリットがいくつかあります。まずは、20年間電気の買い取り金額が変わることがないため、20年の間は、入ってくる金額が明確に把握することができる、ということです。ローンを組む場合、返済のための収支計画が大変立てやすく、収入が安定しているため、返済が滞ることはないと考えられます。

また、日当たりが良い場所を確保できれば、全国どこの場所でもソーラーパネルを設置できるというのもメリットのひとつです。産業用の太陽光発電を行う場合には、おおよそ50平方メートルは確保する必要があります。広ければ広いほど、その分発電できる量が多くなりますので、その分利益が多くなります。

最近話題となっている放棄されていた元の農地を非常にお得な価格で購入したり、所有をしている空き地や、倉庫などの屋上に産業用のソーラーパネルを設置するなど、さまざまな場所での発電が可能となります。ただ、建物の影などになってしまい、一日中日が当たらなかったり、土地にソーラーパネルをしっかりと支えられない場所は設置できません。また、北向きの場合は、設置しても発電が十分にできないこともありますので、専門の業者に相談をしましょう。